漢検 公益財団法人 日本漢字能力検定協会

「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」Facebook

ココロ伝える絆プロジェクト 第3回 今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト 結果発表 たくさんのご応募をいただきありがとうございました。

  • 表彰式の様子
  • 家族部門入賞作品
  • 夫婦・恋人部門入賞作品
  • 友人・恩人部門入賞作品
  • 自分部門入賞作品
  • ペア門入賞作品

「第3回 今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」表彰式

表彰式の様子

表彰式の様子

平成28年3月24日(木)に東京にて絆大賞・日本漢字能力検定協会賞・審査員特別賞・ペア応募特別賞の受賞者を対象に表彰式・懇親会を行いました。

審査員長による総評

審査員長 橋本五郎
審査員長 橋本 五郎

今回の募集に当たっては、これまでとは違った方法をとりました。そのひとつが部門を年代別ではなく、贈る相手別にしたことであり、もうひとつは「ペア応募」という新たなジャンルをつくったことです。いささか手前味噌になりますが、その狙いはずばり的中したように思います。たとえば「ペア応募」は、一方的に贈るのではなく、双方向にすることで漢字を仲立ちにした「広場」をつくりたいと思ったのですが、応募作品はいずれも相手に対する思いやり、優しさに満ちたものばかりでした。このコンテストを始めようとした私たちの一番の思いは、自分にとって大切な漢字一文字を通してお互いに慈しみの心を確認することにあったのですが、みなさんも同じような気持ちで応募していただいていることがわかってとてもうれしく思いました。そして今年も素敵な作品ぞろいで、審査が大変だったことをお伝えしたいと思います。

お笑い芸人 ゴルゴ松本
お笑い芸人
ゴルゴ松本
川柳作家 やすみりえ
川柳作家
やすみりえ
書家 華雪
書家
華雪
公益財団法人 日本漢字能力検定協会代表理事 会長 髙坂 節三
(公財)日本漢字能力検定協会
代表理事 会長

髙坂 節三

受賞者コメント

絆大賞

西銘 梅花 さん(千葉県・千葉県立袖ケ浦特別支援学校 6年生)

家族部門
西銘 梅花 さん (千葉県・千葉県立袖ケ浦特別支援学校 6年生)

受賞したと知ったとき、とてもうれしかったです。
なぜ「双」という字にしたかというと、私は妹の桜良と双子に生まれてきました。桜良とは、いつも一緒で、私が困っているときにすぐ来てくれたり、リハビリのときに体をささえてくれたりします。また、一緒にいると、すごく楽しくて桜良と双子に生まれてきて本当に幸せだなぁと思ったので、双子の「双」という文字を選びました。そして感謝の気持ちを込めて、桜良に送りました。
桜良に受賞したことを伝えると、とても喜んでくれたので、恩返しができて、よかったと思いました。
けんかもたくさんするけれど、これからもなかよしで楽しい双子でいたいです。

鈴木 華奈 さん(秋田県・製造業事務)

夫婦・恋人部門
鈴木 華奈 さん (秋田県・製造業事務)

大型機械が発する轟音の中、機械と図面を交互に睨み、最後に手の感覚で仕上げていく姿は私にとって未知の世界でした。材料となる金属の塊がひとつの製品になるまでの段取りは神経を使いますし、どれだけの汗を流しているのか計り知れません。
コンテストへ応募するにあたり主人に贈る漢字を考えた時、仕事をしている様子が真っ先に思い浮かびました。
改めて読み返しますと恥ずかしさでいっぱいですが、この受賞で夫婦の絆がまた深まったような気がします。ありがとうございました。

山口 潤 さん(埼玉県・会社員)

友人・恩人部門
山口 潤 さん (埼玉県・会社員)

漢字とは、不思議なものだと思います。身の回りにありふれる文字たちの中から、一文字だけを抜き出して目の前に据えてみると、そこからさまざまな物語や背景が浮かび上がります。私にとって、「骨」という文字はとりわけ、色鮮やかな情景を思い起こしてくれる漢字でした。これから生きていく中で、きっとまた、あたらしい一文字の漢字が、さまざまな意味をはらんで、人生を豊かにしてくれるのだろうと思います。漢字一文字が、私の未来の中で意味になり、価値になり、記憶になり… この度の受賞では、そういった事を想像させていただくとても素敵な機会になりました。

山口 潤 さん(埼玉県・会社員)

自分部門
ワニータ・ソフィア・アンジェロ・ペラエス さん
(大阪府・大阪市立西中学校 1年生)

はじめに、私にこの賞をいただきほんとうにありがとうございます。私が賞をいただくことをしったときに、すごくびっくりし、心から嬉しく感じました。この賞をいただくまでは、うまくいかなかったことがたくさんあり不幸だったこともありましたがそれでも友達や家族に支えられ、きっと神様は、人生を公平に見てくれたのだと思いました。
だから、私に努力ができるための力をあたえて「壊れる」の作文ができたと思います。これからもうまくいかないことがあっても不幸なことがあったとしても明るく前向きで努力をしつづけたいと思います。

※ 受賞者の個人情報は応募当時のものです。

日本漢字能力検定協会賞・審査員特別賞・ペア応募特別賞の受賞者コメントはこちら

主催者挨拶

(公財)日本漢字能力検定協会 代表理事 理事長 久保 浩史
(公財)日本漢字能力検定協会
代表理事 理事長

久保 浩史

第3回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」表彰式にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。本日、この表彰式が、皆様のご出席をいただき開催できますことを、大変うれしく、厚く御礼申し上げます。そして何より受賞者の皆様、受賞まことにおめでとうございます。心よりお慶び申し上げます。

弊協会は、「漢字検定」や「文章読解・作成能力検定」、「BJTビジネス日本語能力テスト」といった検定事業のほか、漢字や漢字教育に関する研究支援、日本語・漢字に関する講演会や啓発イベントの開催、「今年の漢字」等の事業活動を行ってまいりました。そして、さらにこれから、日本語・漢字を学ぶ楽しさを提供し、豊かな社会の実現に貢献するための事業に取り込んでまいります。その一つとして、現在、京都の八坂神社近くに、体験型の漢字ミュージアムを建設中であり、平成28年6月末にグランドオープンの予定です。漢字文化の素晴らしさをより深く感じていただける施設となるよう、開館の準備を進めております。

さて、「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」も3回目を迎え、今回も21,641作品のご応募があり、多くの方々から本コンテストの趣旨にご賛同いただいたことをうれしく思っています。
本コンテストは「ココロ伝える絆プロジェクト」というサブテーマを設定しています。〝絆″は目に見えるものではありませんが、だからこそ大切な人への想いを伝えるために、目に見えるかたちとして贈った・贈られた「漢字一字」は、かけがえのない一字としてお互いの心に刻まれるでしょう。

第3回を迎えた今回は、より多くの方に漢字を贈る機会を提供したいということで、応募部門を、従来の小・中・高・一般の「年代別」から、「贈る相手別」に変更しました。ご応募いただいた方には、家族や、友人・恩人、夫婦・恋人、そして自分へと、ふだんは恥ずかしくて口に出せない想いを、コンテストを通じて伝えていただけたのではないでしょうか。
また、二人一組で漢字を贈り合う、「ペア応募」を新たに設けました。寄せられた作品からは、学校やご家庭で、世代を超えた双方向のコミュニケーションとなったことを強く感じました。
いずれの作品も大変素晴らしく、審査において、とても悩みましたが、特に優秀と認められた25作品が表彰されることになりました。

平成28年度も第4回目としてこのコンテストを継続いたします。このコンテストをきっかけに、1人でも多くの方々に「今、大切な人に贈りたい漢字」について思いを巡らす時間を持っていただきたいと願っています。皆様におかれましても、ぜひ周囲の方々に「相手を想って漢字一字を贈る」ことの素晴らしさをお伝えいただければ、これ以上うれしいことはありません。
私たちの生活から切り離すことのできない「漢字」へ想いを込め、大切な方へメッセージをお寄せいただいた皆様の受賞を重ねてお祝い申し上げ、簡単ではございますが、日本漢字能力検定協会からの挨拶といたします。
本日はまことにおめでとうございました。

「第3回 今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」実施概要
応募総数 21,641作品(応募者数22,177名)本コンテストは、“漢字がつなぐ絆(きずな)”をテーマとして、「想(おも)いを込めた漢字を贈る」ことで人との絆を感じる契機とすること、また、大切な人への思いを改めて認識する機会をつくることを目的として開催いたしました。
「家族部門」には9,824作品、「夫婦・恋人部門」には791作品、「友人・恩人部門」には5,854作品、「自分部門」には2,961作品、「その他」2,211作品、合計21,641作品のご応募をいただきました。絆大賞4作品、日本漢字能力検定協会賞4作品、審査員特別賞12作品、ペア応募特別賞5組、佳作60作品を決定いたしました。
審査員長
橋本五郎(読売新聞特別編集委員)
審 査 員
ゴルゴ松本(お笑い芸人)
やすみりえ(川柳作家)
華雪(書家)
髙坂節三(公益財団法人 日本漢字能力検定協会 会長)
表彰
絆大賞(4点)
賞状・副賞5万円相当
日本漢字能力検定協会賞(4点)
賞状・副賞3万円相当
審査員特別賞(12点)
賞状・副賞1万円相当
ペア応募特別賞(5組10点)
賞状・副賞一人6千円相当
佳作(60点)
賞状・副賞5千円相当

※その他、団体応募特典(抽選)も用意しております。(発送をもって発表に代えさせていただきます。)

「贈りたい漢字」ランキング
応募された「贈りたい漢字」は計1,284字でした。
4部門を合計した「贈りたい漢字」は、「感」が最も多く、順に「笑」、「謝」、「優」、「楽」、「友」、「幸」、「愛」、「支」、「夢」などの漢字が並びました。
部門別「贈りたい漢字」ランキングは以下の通りです。
  • 第1回 受賞作品はこちら
  • 第2回 受賞作品はこちら

ページのトップへ戻る