公益財団法人 日本漢字能力検定協会

  • 第1回受賞作品
  • 第2回受賞作品
  • 第3回受賞作品
  • 第4回受賞作品
  • 「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」とは?
  • 応募要項
  • 応募はこちら
  • 作品例

今、あなたに贈りたい

第5回 漢字 コンテスト

2017年度 作品募集

大切なあなたへ「たった一文字」のプレゼント

【応募期間】 2017年6月1日(木)~9月20日(水)消印有効

「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」とは?

本コンテストでは、自分のおもいを漢字一字で表現した作品を募集しています。
今回で5回目の開催となりますが、過去4回のコンテストで累計137,039作品のご応募をいただきました。これまで、家族や友人への感謝・自分自身へのエールなど、様々な想いがこめられた作品が寄せられています。
“誰かに贈る漢字を選ぶ”その時間は、自分自身や周囲の人々を見つめ直し、自分の素直な気持ちと向き合うことにつながります。そうして贈った・贈られた「漢字一字」は、かけがえのない一字として心に刻まれるでしょう。
本コンテストをきっかけに、自らの気持ちを表現する方法として、「漢字」を選択肢の一つに加えられてはいかがでしょうか。

夫 宏之へ 妻 雅代より 譲

第4回 審査員賞受賞作品(夫婦・恋人部門)

応募要項

応募期間

2017年6月1日(木)~2017年9月20日(水)消印有効

発表

2018年1月(予定)

入賞作品は、応募者氏名などとともにコンテストサイト等にて発表する予定です。

応募テーマ

「贈りたい漢字とメッセージ」

あなたが伝えたい気持ちを表す漢字(一文字)とメッセージをお寄せください。

応募部門

①家族部門 ②夫婦・恋人部門 ③友人・恩人部門 ④自分部門

審査

主催者および審査員が、本コンテストの開催趣旨に照らし総合的に審査します。

入賞者には審査後に受賞の内定を通知いたします。

審査員
  • 橋本五郎 (審査員長)

    橋本五郎 (審査員長)
    第1回から本コンテスト審査員長を務める。読売新聞特別編集委員。
  • ゴルゴ松本

    ゴルゴ松本
    94年レッド吉田とお笑いコンビ『TIM』を結成。「命の授業」と題し、数年前から漢字を用いた講演を各地の少年院で行っており、その内容がテレビや雑誌などで話題を呼んでいる。
  • やすみりえ

    やすみりえ
    神戸市出身。恋愛をテーマとした独自の川柳作品を発表するかたわら各メディアや企業公募川柳の選者を多数務める。文化庁文化審議会委員。句集『召しませ、川柳』(新葉館出版)他。
  • 華雪

    華雪
    書家。92年より個展を中心にした活動を続けている。〈文字を使った表現の可能性を探る〉ことを主題に、国内外でワークショップを開催している。著書『書の棲処』(赤々舎)他。
表彰
絆大賞(4点)
賞状・副賞(5万円相当)
日本漢字能力検定協会賞(4点)
賞状・副賞(3万円相当)
審査員賞(12点)
賞状・副賞(1万円相当)
佳作(40点)
賞状・副賞(5千円相当)

個人での応募方法

Webからの応募

入力フォームから応募してください。

個人応募入力フォーム

郵送での応募

所定の応募用紙に必要事項を記入のうえ、下記応募先へ郵送してください。

個人応募用紙ダウンロード

応募のヒント

贈る漢字を選ぶ際、作品づくりのヒントとしてご活用ください。

個人応募支援ツール

団体での応募方法

郵送での応募

応募者全員分の用紙をまとめ、「団体名」「団体担当者氏名」「住所・電話番号(会場番号)」を添えて下記応募先へ郵送してください。
応募用紙は必要分を送付いたしますので下記お問い合わせ先へご連絡ください(コピーしていただいても構いません)。

団体応募用紙ダウンロード

応募のヒント

授業や家庭教育の一環として、学校の先生や保護者の方に活用していただくためにご用意いたしました。

団体応募支援ツール
応募の際の注意事項
  • メッセージは200字以内を目安としてください。
  • 応募された作品はご返却できません。

応募先

〒605-0074 京都市東山区祇園町南側551番地

(公財)日本漢字能力検定協会 「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」係

応募規程

以下の事項についてご了承のうえでお申し込みください。

<応募について>

  • 応募にかかる郵送料は応募者の負担となります。
  • 郵送中の事故や破損について、当協会では一切の責任を負いません。
  • 一人あたりの応募点数に制限はありませんが、入賞作品は一人一点とします。
  • 選考に関する問い合わせには一切お答えできません。
  • 入賞された方に対して、当協会から取材させていただく場合がございます。
  • 本企画の内容は、合理的な範囲内で、当協会の裁量により変更することができるものとします。

<作品について>

  • 作品は応募者ご本人の創作で、未発表のものに限ります。
  • 応募作品は返却いたしません。
  • 応募作品は第三者の著作権その他の権利を侵害しないものであることを要し、応募作品に関して第三者との間で紛争が生じても、当協会は一切の責任を負いません。
    なお、入賞作品が本人の創作でないことが判明した場合には、入賞を取り消します。
  • 応募作品の著作権(著作権法第27条および第28条に規定する権利を含む)は、応募の時点で当協会に帰属します。
  • 入賞者は、主催者および主催者から許諾を受けた第三者に対し、著作者人格権に基づく権利を行使しないものとします。
  • 当協会は、応募作品を当協会の書籍等に無償で使用することができるものとします。

作品例

贈りたい想いや相手は自由!あなたの作品をお待ちしています

第4回 絆大賞受賞作品

  • 家族部門

    お父さんへ 琴子より 靴

  • 夫婦・恋人部門

    妻(渡辺克子)へ 夫(渡辺幸彦)より 惚(ホレル)(ボケル)

  • 友人・恩人部門

    小学校のY先生へ 白戸まりこより 羽

  • 自分部門

    私へ 私より 看

ページのトップへ戻る