人妻の出会いの進化系は「セカンドパートナー」

hitotsumadeai

近年人妻で出会いを求める人が増えた結果、日本では離婚によるシングルマザーの貧困化が社会問題となっています。
確かに結婚しても恋愛したいという気持ちや女性として異性から扱われたいという気持ちも理解出来ます。
しかし自分の欲望だけに忠実になり子供の人生まで苦しめる結果になったら大変ですよね。

実際シングルマザーでは大学に進学したくても経済的な事情で進学を諦め高卒で就職する子も少なくありません。
また無理して奨学金をもらって大学に進学したとしても社会人スタート時点で数百万円の借金を背負う事になります。
自分の子供にはそんな経済的な苦労をかけたくないと普通の母親であれば思いますよね。

そのため人妻が出会いたいと思った時にはセックス込みの不倫関係をするのではなくセカンドパートナーを作りプラトニック不倫をする事をお勧めします。
プラトニック不倫とは言葉通り不倫相手とセックス行為を行わない関係です。
ではセカンドパートナーとプラトニック不倫を行うメリットについて紹介していきます。

不倫関係が夫にバレるリスクが低い

まずプラトニック不倫だとセックスをしていないため不倫関係が夫にバレるリスクが低いと言えます。
不倫の決定的な証拠となるのはセックスをしているかどうかなのでラブホに入る瞬間を写真に撮られてしまう事です。
しかしプラトニック不倫であればデートにしろ食事にしろ不倫を疑われても知人と遊んでいたと誤魔化す事が可能です。

そもそも仮にプラトニック不倫がバレてしまったとしてもそれは不倫として離婚の原因になりえるのでしょうか?
確かにセカンドパートナーに対してドキドキしたりトキメキを覚えていたかもしれません。
ですが恋をする事自体は決して悪い事ではありませんし家族を裏切る行為も一切していません。

浮気の定義が心が浮ついた時点でNGなんて人もいるかもしれませんが男性だって日常生活の中で可愛い女性を見たらドキっとする気持ちは芽生えますよね。
つまりそれと同じレベルですからプラトニック不倫をしたからといって離婚に発展する事はほぼないと言えるでしょう。

ですが同時に人妻が出会った相手とプラトニック不倫をする事で女性が不倫に求める大半の事が満たされます。
日常生活にはない刺激があり結婚してもまた恋をする事が出来ます。
そして相手の男性からも女性として扱ってもらえて嬉しい事や楽しい事を共有する事が出来るでしょう。

プラトニック不倫であればメリットがたくさんあってデメリットがほとんどないので女性がハマるのも納得ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です